2015年2月の記事一覧

薄毛、ハゲ・・・というとどうしても男性を想像してしまいますので、男性特有のものだと思っている方もいるかもしれません。
でも、薄毛は女性でもなってしまうものなのです。

ただ世間のイメージが、男性=薄毛になる。女性=いつまでもフサフサ。
というものなので、「最近、髪が薄くなってきたな~」と感じていてもなかなか相談できる女性が少ないといわれています。

女性はどうして薄毛になってしまうのでしょう?
実は薄毛というのは男性でも女性でも、遺伝子である程度運命づけられてしまっているもの。
生まれた時にとても髪の薄い子がいると思いますが大きくなったら気にならない程度にはなるけどボリュームはない・・・という場合が多いですね。
細く弱い髪質の肩は薄毛になりやすいといわれています。

特にいま若い人の間でも悩む人が多くなっているのが「びまん性脱毛症」です。
かつては閉経期に伴い女性ホルモンが減少しびまん性脱毛症になっていたのですが、今は若い女性でもホルモンバランスの乱れによってびまん性脱毛症を発症するとされています。

頭髪が全体的に薄くなりはじめ、地肌が透けてくるびまん性脱毛症は、男性の薄毛とは明らかに違います。男性はM字や頭頂部から薄毛が進行していくのに対して、女性は全体的に薄毛になっていくので一見わかりにくいところが症状の悪化を招いてしまいます。

もしも今「薄くなってきたなぁ・・・」と感じる女性がいたら、是非早く病院を受診してみてください。
AGAという薄毛の症状はいま治療で改善させることができるのです。
まずはお医者さんに相談を。

未分類